BIGやTOTOよりも確実に儲かるサッカーくじの買い方を教えます!

日本を代表する魅力的なくじであるロト6の当選金と確率

ロト6は、1から43までの数字の中から6つの数字を選んで、一致した数によって金額が変わるもので、平成27年現在、900回の抽選を超える、日本のくじの代表的な存在です。

 

現在は、月曜日と木曜日の週2回チャンスがあるというのも見どころです。

 

なお、気になる当選金と確率ですが、1等は大体2億円ですが、当選者がおらず、次回の当選金に繰り越すキャリーオーバーが発生すると4億円のチャンスもあります。

 

1等の確率は、1/6,096,454と気の遠くなるような数字ですが、日々当選している人が安定して出ていることを知ると、期待が高まってしまうものです。

 

なお、ロト6は1等の他に、2等から5等までがあります。

 

2等からの当選金は約1,500万円、約50万円、約9,500円、5等は原則として固定の金額で1,000円となっています。

 

5等は金額が低いですが、当たる確率は155,400/6,096,454と結構当たりやすくなっているのが嬉しいところです。

big、totoのスポーツくじとロト6

bigやtotoはスポーツくじと呼ばれるスポーツ振興に必要な財源を確保するために作ったくじで、bigは一口300円で14個の数字を選びサッカーの14試合を当てるというもので、最高金額6億円まで当たります。

 

totoは一口100円でサッカーの13試合全て当てるというもので最高金額が5億円とbigより選びやすい分最高金額も低くなります。

 

それらのくじはインターネットやコンビに等で簡単に買い求めることが出来ます。

 

一方ロト6は宝くじと一緒のみずほ銀行取り扱いで一口200円で43個の数字の中から好きな数字を6個選び、全て当たれば最高金額4億円になり購入方法は宝くじ売り場で売っています。

 

bigやtotoには他にも得点を当てるものやもっと少しの試合を当てるものなどいろいろな種類があります。

 

ロト6にもミニやロト7等選ぶ数字の個数が違うものがあり、その最高金額も違ってきます。

 

どのくじにしても専用用紙に鉛筆で線を引くだけなので簡単に買うことが出来ます。