BIGやTOTOよりも確実に儲かるサッカーくじの買い方を教えます!

toto big 2等の配当金は

宝くじが好きなひとにおすすめなのが「big」や「toto」です。

 

ロトと同じ高額当選くじでも知られ、どちらもサッカーの試合の結果を予想するものです。

 

サッカーに詳しいひとであれば、totoで細かく予想して一等を目指してみるのも良いですが、初心者であれば好きなチームだけ予想してみると当たりやすいです。

 

よくtotoとbigの違いがわからないと聞きますが、totoは自分で好きな数字を買うことができますが、bigはコンピューターが選ぶランダム予想しか買うことができません。

 

またtotoは自分で数字を選ぶ以外にもコンピューターが選ぶランダム予想も買えます。

 

bigは最高6億円も当たるくじなのでサッカーを知らないひとも買ってみたくなります。

 

よく一等が6億と話題になりますが、2等や3等なども、もちろんあります。

 

一等が6億とあるので2等もかなりの高額と思うひとも多いですが、一等に比べると格段に低く、200万円から300万円代というのが平均配当のよう
です。

 

また1等に比べると2等や3等は当たりやすいということもわかっています。

 

それぞれの楽しみ方でぜひ高額当選を目指してみてください。

 

totobigの二等の当選した場合

totobigの二等の配当金は、もちろん当選本数にもよりますが、概ね200万円前後となっています。

 

1つ外れで二等当選となりますから、一等ほどではないものの、当選する確率はかなり低いと言えます。

 

さて、totobigで二等に当選した場合ですが、もちろん200万円程度の配当金を得られるわけですから、凄く嬉しいことに違いはないでしょう。
しかし、後1つ当たっていれば、一等が当たったわけです。

 

しかも、キャリーオーバーが常に発生している状況ですから、一等に当たればほぼ間違いなく6億円が手に入るわけです。

 

200万円と6億円では、天と地ほどの差がありますから、嬉しい気持ちになると同時に、凄く悔しい気持ちにもなるでしょう。

 

totobigに限らず、宝くじ全般的に言えることですが、二等に当選するというのは、嬉しさと悔しさの両方の気持ちが出るものなのです。

 

もっとも、totobigの場合はランダムで数字が選ばれるので、まだ割り切ることはできるかもしれません。