BIGやTOTOよりも確実に儲かるサッカーくじの買い方を教えます!

インターネット購入でbig、totoに当たった人について

サッカーくじにはbig、totoの2種類あり、どちらもJリーグ開催中はJリーグを対象として実施されています。

 

bigはコンピューターが対象14試合の勝ち負け引き分けをランダムに予想するくじです。

 

もうひとつはtotoと言う自分自身で対象13試合の勝ち負け引き分けを予想するくじになります。

 

bigはコンピューターにより、内容が決められてしまうため、運の要素が強いくじとなります。

 

また、totoより対象試合が多いため、当選金額も高額になります。

 

totoの場合は対象試合が13試合とbigより1試合少なく、自分自身での予想となる為、勝ち負けが順当通りが多い場合、当たった人が多くなりますので当選金額が低くなり、その逆で波乱が多い場合は当選金額が高く、場合によってはキャリーオーバーが出る場合もあります。

 

今ではインターネットでもサッカーくじは購入出来ます。

 

もし当選した場合はくじに当たった人の口座に当選金額が振り込まれますので、非常に便利です。

bigやtotoの当選者の手続きに関する説明

bigやtotoの当選者の手続きとは、購入したbigやtotoが
当選した場合に取るべき手続きのことです。

 

当選手続きと言われています。

 

手続き方法は、当選した金額により異なります。

 

当選金が10万円以下の場合は、bigやtotoの販売場所や指定の
金融機関などで現金で受け取る受け取ることができます。

 

当選金が10万円以上で50万以下の場合は、指定の金融機関で
当選手続きをしたあとで現金を受け取ることができます。

 

当選金が50万円以上の場合は、指定の金融機関で当選手続きを行いますが、
他の当選金額の時よりも当選手続きに時間がかかります。

 

また、当選金額が多額で直接現金で持ち帰ることが困難な場合が多いので、
当選金の受け取りは指定した金融機関の口座に振込まれる方法が行われます。

 

当選手続きに必要な物は、当選したbigやtotoの当選券と、免許証など当選者の
身分を証明できるものと印鑑が必要になります。

 

支払い期限を経過すると当選の権利がなくなるので、
当選手続きは期限内に行う必要があります。

bigやtotoの当選確認に関する説明

bigやtotoの当選確認とは、購入したbigやtotoの当選の有無を確認することです。
購入したクジの番号は毎回異なるため購入後に確認が必要なため行われます。

 

当選確認を行うには、bigやtotoに関する情報を扱っている情報誌を使用する方法や
bigやtotoの販売店で確認する方法があります。

 

インターネットなどでクジの運営事業者が開設しているホームページでも確認できます。

 

当選番号を確認するには、購入したbigやtotoの開催回数と購入日時などが手がかりになります。

 

確認できる当選番号は、最新の当選番号だけでなく過去の当選番号も対象になります。

 

当選確認でたとえ当選事実が確認できても、確認を行っただけでは当選が確定したことにはならないです。

 

当選の権利を確定するには、確認後に事前に定められた手続きを行う必要があります。

 

確認方法や手続きなどは、クジの事業者が開設したホームページや
購入したクジの裏面などから確認することができます。"

bigやtotoの当選場所

bigやtotoの当選場所とは、bigやtotoの当選者が
出た実績のある販売店の場所のことです。

 

当選販売店などとも言われていて、販売店の前に当選の事実や
当選金額などが告知されている場合が多いです。

 

当選者がでる販売店は、クジの販売枚数が多いほど当選者が多い傾向にありますが、
絶対的な決まりや法則はなく各地域の販売店により当選場所や当選回数の頻度は異なります。

 

当選した販売店を紹介する場合は、当選店舗名と所在地などが紹介されることが多いです。

 

当選場所の販売店で販売しているbigやtotoの種類や価格は通常の販売店と同じで、
当選の確率も同じなので当選販売店で購入しなくても確率上の違いはないのですが、
当選を望む人達の縁起かつぎとして好まれて購入される傾向にあります。

 

当選販売店でbigやtotoを購入したい場合は、販売店の当選告知やネット上の口コミや
bigやtotoの専門雑誌などで情報を得る方法が有効です。